加賀ゆびぬきのはじまりは江戸時代くらいでないかと推測されます。

近代のすべての物の商品化とともに忘れられた存在となっていました。

2004年に大西由紀子先生の加賀ゆびぬき作品展が東京で開催されたことをきっかけに、再び脚光を浴びることとなりました。

最近では、大西由紀子先生を筆頭として、各地で加賀ゆびぬきを楽しんで作っている人たちが増えてきています。

「結の会」主宰の石井康子先生も各地で教室を開かれています。

 


加賀ゆびぬき教室 2018年3月

 ヨークカルチャーセンター府中 : 第1金曜日 13時~15時

仙川カルチャーセンター    : 第2火曜 13時~15時